沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

ダイビングライセンス 指導団体の特徴を徹底解説

ダイビング指導団体

ダイビングライセンス・Cカードの指導団体を徹底解説

ダイビングライセンス・Cカード 指導団体の特徴や違いを徹底解説

ダイビングにはさまざまな指導団体もしくは指導機関というものがあります。ダイビングのライセンスカード・Cカードはダイビングの指導団体が発行しています。指導団体とは、営利もしくは非営利の団体や会社でダイバーの育成・指導や安全管理、環境保全などの活動をしています。
 
国内・海外ともに有名な指導団体にはPADI(パディ)、NAUI(ナウイ)、SSI(エスエスアイ)、BSAC(ビーエスアーシー)、CMAS(クマス)などがあります。現在、日本だけでも30以上のダイビング指導団体があります。
 
国内でダイビングを楽しむ場合は国内もしくは海外で有名(メジャー)なダイビング指導団体のライセンスカードであれば問題ありません。海外でダイビングを楽しむ場合は海外で有名(メジャー)なダイビング指導団体のライセンスカードが必要な場合があります。日本国内のみの指導団体は海外では認知度は低いです。

 

各ダイビングショップやインストラクターは、どこかの指導団体に所属して活動しています。そして発行されるライセンスカードはそのダイビングショップやインストラクターが所属している指導団体から発行されます。

 
各指導団体ではダイビングライセンスの種類はエントリーレベルのライセンスからプロレベルのライセンスまでランク分けされています。各指導団体によってライセンスカードの名称、トレーニング内容に違いがあります。
 
一般的にもよく聞くCカードは正式名称をCertification Cardといい、認定証の意味になります。このCカードはダイビングに関して定められた知識と技術(指導基準)を習得したことを証明するものになります。Cカードはエントリーレベルのライセンスカードという認識がありますが、正しくはライセンスカードの総称になります。
 
各指導団体の規準によって、同等のランクのライセンスをクロスオーバーすることが可能です。活動しているインストラクターによっては複数の指導団体に所属している方もいます。

ダイビングライセンスの指導団体


 
NAUI (ナウイ)
 
1960年にアメリカでダイビングインストラクターコースを開催し、世界で初めてのスクーバダイビングの指導員組織が誕生したのをきっかけにはじまったNAUI。ダイビング指導団体として50年以上の歴史があります。世界100カ国以上に拠点があり、多くのインストラクターやダイバーを育ててきました。アメリカをはじめアジア、ヨーロッパ、南米、中東、南アフリカ、日本などを拠点に多くの世界でNAUIインストラクターが活躍しています。日本でも加盟店が多い団体で、高い信頼度を誇っています。
 
NAUIでは、個人個人の年齢や体格、能力などに合った指導をしてもらえます。指導を受ける人たちにはさまざまな個性や事情があるのだから、その人に合った指導を行うという方針です。そのため、体力に自信のない人や泳げない人でも安心して受講できます。年配の方にもおすすめです。
 
NAUIで取得できるライセンスには、「パスポートダイバー」「スクーバダイバー」「アドバンス・スクーバダイバー」「スペシャルティダイバー」「マスター・スクーバダイバー」などがあります。
 
 

 
PADI (パディ)
 
PADIは本部をアメリカ・カリフォルニアに置き、日本をはじめ世界に7ヶ所のエリアオフィスを配置しています。1966年設立以来、2,000万枚以上のCカードを発行しており、全世界で年間約100万人のダイバーが、PADIの教育カリキュラムによる認定を受けています。その割合は世界で発行されるCカードの約6割がPADI発行のものだと言われるほどです。
 
国内外を問わず、ダイビングライセンス指導団体の代表的な存在です。日本での加盟ショップは最多。世界180カ国以上に約13万5000人ものインストラクターを抱えており、世界中で通用するライセンスを発行しています。PADIの指導カリキュラムはISOの認定を受けています。国際規格に適合していると認められた証しで、品質の高さを表しています。
 
PADIのライセンスには「オープン・ウォーター・ダイバー」「アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー」「レスキュー・ダイバー」「マスター・スクーバ・ダイバー」などがあります。
 

SSI (エスエスアイ)
 
SSIは、国内外で通用するダイビングライセンス発行している指導団体です。設立は1970年アメリカです。アメリカのCカードシェアはPADIに次ぐ2番目です。35%のシェア率があります。世界に2,400店以上の加盟店を持ち、110か国以上の地域でダイビングができるライセンスを発行しています。

SSIは特殊で「SSIと提携できるのは事業者(ダイビングショップのみ)」としています。その認定基準の高さは、他の団体をはるかにしのぎ、指導の品質の高さは世界トップクラスです。
 
SSIは、ダイビングは経験を積むごとに「習慣」となり、それによってダイビングの快適さが増していくという考え方を持っています。そのため、ライセンスの発行についても経験を重視しています。他の指導団体と同じ「アドバンス」の資格であっても、SSIは24回以上のダイビング経験が必要になります。他の指導団体では9回のダイビングでも「アドバンス」を取得できる場合があります。そのため、ダイビングの世界ではSSIの「アドバンス」のほうがグレードが高いと認識されています。
 
SSIで取得できるライセンスは「オープンウォーターダイバー」「スペシャルティコース」「スペシャルティダイバー」「アドバンスド・オープンウォーターダイバー」「マスターダイバー」などがあります。
 
 

 
CMAS (クマス)
 
CMASは1959年にフランスで設立された国際的な「世界水中連盟」です。CMASはフランス語で「世界水中連盟」という意味の略です。世界118カ国が加盟する国際機関で水中活動の国連ともいうべき非政府の組織です。
 
ダイビングはもちろん、水中の乗り物や設備、水中科学など、広い分野で活動しています。1986年には国際オリンピック委員会にも加盟しています。世界各国で水中レジャー活動を提供する施設のうち、CMASの基準でサービスを行っているのは1万3000カ所以上になります。またレジャー面だけでなく、科学ダイバーなどの人材も数多く輩出しています。
 
日本ではJCIAが代表組織になり、ダイビング指導団体のSTARSやJEFFがCカードを発行しています。
 
CMASで発行しているライセンスとしては、「ベーシックダイバー」「オープンウォーターダイバー」「アドバンススペシャリティ」「アドバンスドオープンウォーターダイバー」「レスキューダイバー」「マスターダイバー」「グランドマスター」などが挙げられます。

ダイビングライセンス 指導団体の選び方

ダイビングライセンスを取得する場合、自分の考えやスタイルに合ったダイビング指導団体を選ぶことができます。
 
世界的にも、国内にも認知度の高い指導団体のPADI(パディ)、NAUI(ナウイ)、SSI(エスエスアイ)、BSAC(ビーエスアーシー)、CMAS(クマス)のライセンスであれば、問題ないかと思います。ダイビングライセンスを取得後、潜れない国や地域はありません。
 
ダイビングショップや一緒に潜るインストラクターが違うダイビング指導団体の場合でも問題なくダイビングを楽しむことができます。ダイビングライセンスを取得する場合にダイビング指導団体の種類よりもダイビングショップやそのお店で働くインストラクターのほうが重視したほうがおすすめです。
 
ダイビングライセンスのランクなどの種類の違いはダイビングライセンス種類・徹底解説もご覧ください。

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会う。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。テクニカルダイビングはIANTD近藤正義氏が師匠。IART(国際テクニカル協会)のインストラクターでもあり、サイドマウントの普及に取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks