沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス・Cカード取得スクール

沖縄ダイビングスクール ワールドダイビング 電話番号

フィンの正しい選び方

フィンの正しい選び方

フィンはダイバーが泳ぐ時に足で水をかき分けて推進力を得るための器材です。フィンにもさまざまな種類があり、どんなフィンを選ぶか迷うところかと思います。

 

ダイビングのときに利用するフィンのタイプには大きく分けてストラップタイプとフルフットタイプの2つのタイプがあります。ストラップタイプは踵の部分がストラップになっていて、ストラップでバンドを調節できるタイプです。マリンブーツをはいた状態でフィンを履きます。マリンブーツを利用できるのでビーチなどの足場の悪いところではストラップタイプが必須になります。ストラップタイプはビーチダイビングとボートダイビングのどちらのスタイルでも利用できるメリットがあります。

 

フルフットタイプは踵を含んだ足全体をすっぽり覆うタイプのフィンで、素足のまま履くことができるのでとても楽です。靴擦れのようにフィンが擦れて足を痛めてしまう場合は薄手の専用ブーツを履きます。足場が悪いところには向かなくボートダイビングに適しています。 サイズ調節ができないので、購入前に試し履きしてサイズの確認をしてから購入しましょう。

 

自分のダイビングをしている地域でビーチダイビングがある地域はストラップタイプ、ボートダイビングばかりの地域はフルフットタイプがおすすめです。

 

フィンの材質

 

プラスチック、ラバー(ゴム)、プラスチックとラバー(ゴム)を混合したものなどのタイプがあります。プラスチックの材質は色がカラフルで安価なものが多いですが、材質が軽いので足元のバランスが悪く推進力もあまり良くありません。おすすめはラバー(ゴム)の材質でプラスチックに比べると高価ですが、重いので足元のバランスが良く、安定します。柔軟性のある材質なので、キックしたときのしなりも大きくなり推進力も良いです。女性のダイバーや年配のダイバーなど、ラバー(ゴム)が重い方はプラスチックとラバー(ゴム)を混合したタイプもおすすめです。

 

フィンの硬さ

 

硬いほうが推進力は強いですが、脚力が必要になります。男性のダイバーで脚力が強い方は硬いフィンを選び、女性のダイバーなど脚力が強くない方は柔らかいフィンを選ぶようにして下さい。

 

フィンの長さ(ブレード)

 

フィンにはそれぞれ長さもあり、長いほうがブレードと呼ばれる水をとらえる面が広くなり推進力は得られますが脚力が必要になります。長いフィンはインストラクターの方などが好みますが珊瑚礁を傷つけたりする危険性もあるので技術が必要です。

 

おすすめのフィンはストラップタイプではスキューバプロのジェットフィン・レボです。昔からダイバーに不動の人気を誇るジェットフィンが生産終了後に改良されたフィンでストラップタイプのなかでは最も推進力が高いです。また、ジェットフィンは女性のダイバーには重かったですが、ジェットフィン・レボは軽量化されているのでどなたにもおすすめできると思います。

 

フルフットタイプではGULL(ガル)のミューもしくはミューを長めにしたスーパーミューがおすすめです。

 

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。沖縄でPADIインストラクターを取得。その後、サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会い、水中写真を始める。2011年に沖縄PADIダイビングスクール ワールドダイビングを設立。
Return Top