沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

1898071_10202152147383607_1529667223_n沖縄では1月上旬から3月末までザトウクジラを見るホエールウォッチングをやっています。恩納村では恩納村ホエールウォッチング協会が恩納漁港で開催しています。又、当ショップの近くではルネッサンスリゾートでも開催しています。

シベリア海域に生息しているザトウクジラは、冬場のこのシーズンに、出産と子育てのために沖縄のあたたかい海にやってきます。野生のクジラの迫力を目の前で見ることができます。

ザトウクジラは、シロナガスクジラなど、大型のクジラが属する「ナガスクジラ科」に分類され、体長13m~15m・体重約30トンにもなります。

ホエールウォッチングの見どころはダイナミックなパフォーマンスですね。クジラのパフォーマンスの種類はブロウ(Blow)、ブリーチ(Breach)、フルークアップ(Fluke Up)、テールスラップ(Tail Slap)、ペックスラップ(Pec Slap)、ヘッドスラップ(Head Slap)などさまざま。事前に把握しておくと、より一層楽しめます。

 

海の写真素材の無料(フリー)提供について
当サイトに掲載している海やダイビングの写真は公式サイト、ブログも含めて全て無料(フリー)でご利用頂けます。インターネット上、TV番組、図鑑、書籍、雑誌、広告やその他の印刷物にも是非ご自由にご利用ください。

写真をインターネット上で利用する場合は「沖縄ダイビングライセンス・ワールドダイビング」へのリンクが必須になります。詳細は海の写真素材・無料(フリー)提供についてをご覧下さい。

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks