沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

海亀の産卵場所&孵化予定日 2017年

こんにちは、ワールドダイビングの空です。2017年も毎年恒例の海亀の孵化予定日が近づいています。今年もシークレットビーチでは6月初旬~7月中旬頃の期間に海亀が無事に産卵しました。去年は7月の中旬には孵化と放流の写真を撮っています。2017年は例年に比べて少し遅いですが、そろそろ予定日は要チェックです。

今年の3月から常勤スタッフになったゆみは、まだ海亀の産卵を見たことがありません。是非、見せてあげたいです。
 
シークレットビーチでは毎年ひとつの巣穴の孵化で毎回100匹前後の海亀が産まれます。しかし、成体になるまで生き残ることができる海亀はほとんどいないと言われています。海亀の孵化の観察や放流は経験のない方が行うとさらに海亀の生存率を下げてしまうので、観察するときも海亀の孵化に詳しい地元の方と一緒に行うようにご注意ください。

 

2017年 海亀の孵化予定日の一覧

 

7月26日、7月31日、8月10日、8月13日、8月21日、8月31日、9月5日、9月10日、9月20日
 
2017年 海亀の産卵日の一覧
 
6月2日、6月20日、7月13日
 
リンク先:2016年 シークレットビーチで海亀の孵化と放流

沖縄 海亀の孵化の道
沖縄 海亀
海亀のケース
_DSC1263
_DSC1280
沖縄 泳ぐ海亀

ウミガメの産卵や孵化の研究は地元の方がやっています。自然の環境を残すため当スクールでのご案内はしておりませんのでご了承ください。又、お電話やHPからのお問い合わせもご遠慮ください。
 

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。世界的な水中写真家達と出会い、水中撮影を始める。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。

サイパン時代に、IANTD本部の近藤正義氏と出会いテクニカルダイビングを始める。現在はSDI/TDI/ERDI JAPAN代表の加藤大典氏が師匠。SDI/TDIインストラクター、IART(国際テクニカル協会)インストラクター。テクニカルダイビングの普及にも取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Send to LINE