沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

色鮮やかなモンハナシャコ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モンハナシャコはシャコ類の仲間でさんご礁や岩礁に生息、さんご瓦礫や砂底に巣穴を掘って棲んでいます。体長は10センチほどで目をクルクル回して周囲の様子を伺います。
体色が鮮やかで鮮緑色、丸い斑紋が網目状にあり、体の下側全体が鮮やかな赤みを帯びています。
ストロボをしっかりと当てると水中でも鮮やかな色が分かります。

又、モンハナシャコは凶暴な性格として知られていて、捕脚肢といわれる前足を高速で打ち出し、獲物や敵を攻撃します。
シャコパンチという名で呼ばれ、貝や飼育用の水槽まで割ることがあります。
写真を撮るときは不用意に手を出すと爪を割られることもある。

 

撮影地 水納島

 

海の写真素材の無料(フリー)提供について
当サイトに掲載している海やダイビングの写真は公式サイト、ブログも含めて全て無料(フリー)でご利用頂けます。インターネット上、TV番組、図鑑、書籍、雑誌、広告やその他の印刷物にも是非ご自由にご利用ください。

写真をインターネット上で利用する場合は「沖縄ダイビングライセンス・ワールドダイビング」へのリンクが必須になります。詳細は海の写真素材・無料(フリー)提供についてをご覧下さい。

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会う。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。テクニカルダイビングはIANTD近藤正義氏が師匠。IART(国際テクニカル協会)のインストラクターでもあり、サイドマウントの普及に取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks