沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

クマノミの孵化!!

こんにちは、ワールドダイビングのあやかです!

今日はクマノミの産卵から孵化について話します。

クマノミは産卵前になると、クマノミ夫婦は揃って産卵場所の掃除を始めます。

掃除は口で岩の表面をかじるようにするので、掃除が終わった後口元を見ると、白くただれて擦り傷になってます。
掃除はだいたい産卵前日くらいにします。

産卵数時間前になると、夫婦のお尻から産卵管と精輸管が出ているのが分かります。
どちらも茶色をしていて、お尻から1~2ミリほど飛び出してます。
この時はもうメスのお腹はパンパンに膨らんでます。

そして準備が整うと、メスが産卵場所にお腹をこすりつけるようにして、ひとつずつ丁寧に岩の表面に産みつけていきます。
DSC_0073

産みつけた後の卵を早速、オスが胸びれで煽るようにして、新鮮な海水があたるように世話をします。

卵が孵化するまでの世話はほとんどオスがやります。
オスは不眠不休で、卵に新鮮な海水を送り続けます。この間オスはまったくエサを食べないです。

そして孵化が近づくと、激しさを増してまるで卵を海水に叩きつけるように、全身で煽るようになります。

DSC_0030

最初は綺麗なオレンジ色が数日後には茶色から黒っぽくなり、目立たなくなります。
5~6日ほど経つと、外側は透明になり、中にクマノミの稚魚がいるのが分かります。
7~8日目には次第に透明になり、卵の中にいる稚魚の模様(お腹に白い模様がある)が分かることもあります。

 

写真は孵化直前です。

 

沖縄は今の時期、水温があがりクマノミだけではなく、さまざまな魚の産卵や孵化が観察できます。
幼魚も多い時期なので、フィッシュウォッチングには最高のおすすめの時期です。
 
是非、ダイビングしに来てくださいねー!!
 

海の写真素材の無料提供について
当サイトに掲載している海の写真は公式サイト、ブログも含めて全て無料でご利用頂けます。インターネット上、TV番組、図鑑、書籍、雑誌、広告やその他の印刷物にも是非ご自由にご利用ください。

写真をインターネット上で利用する場合は「沖縄ダイビングライセンス・ワールドダイビング」へのリンクが必須になります。詳細は海の写真素材の無料提供についてをご覧下さい。
(Last Update:2016年7月8日)

投稿者のプロフィール

あやか
こんにちは、兵庫県尼崎市出身のあやかです。高校生の時、体験ダイビングをしたときにガイドの方にたくさんの感動をもらいました。自分もこの感動をたくさんの方に伝えたいと思ってます。無重力を感じたり、水中で息ができたり、たくさんの魚と一緒に泳げたりとダイビングは楽しいスポーツです。皆さんと楽しいダイビングをしていきたいです!沖縄で皆さんをお待ちしております!