沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

沖縄でジンベエザメダイビング

沖縄でジンベエザメとダイビング

写真:沖縄読谷村のジンベエザメ
 

ジンベエザメ 1ボート ¥15800(税別) ドリンク / 近郊送迎 / 保険 / 全て込み

レベル:初級者 オプションダイビング:¥6000(税別)
 
沖縄本島中部の読谷村の都屋漁港から沖合いの約800メートル(船の移動時間は約10分)に位置する巨大な生け簀の中ではジンベエザメが飼育されています。世界に生息する最大の魚類「ジンベエザメ」は英名「ホエールシャーク」と呼ばれ、大きいものになると体長10Mを超え、迫力に圧巻されます。多いときは3匹から4匹ほど飼育されています。生け簀は網の天面が水深3Mくらいの所にあり、この隅にある入り口から生け簀に入ることができます。最大深度は約25Mほどです。野生ではないので遭遇率は100%で手が届くぐらいの距離で一緒に泳ぐことができます。体験ダイビングやシュノーケルでは網の外ですが、ファンダイビングでは網の中に入り、ジンベエザメと一緒に泳いだり、記念撮影も可能です。
 
ジンベエザメのファンダイビングはライセンスをお持ちであれば初級者の方でも安心して楽しめます。網の水底は深いので、ジンベエザメに夢中にならないで自分の水深は確認するようにして下さい。又、背中のレギュレーターやタンクが網に絡まらないように注意してください。午前・午後を選ぶことが可能です。1ボートのコースになるので、近郊ポイントの青の洞窟、砂辺などのポイントとセットがおすすめです。

 

沖縄でジンベエザメダイビングのご予約はこちらから

 

撮影:youtubeアカウント「osakahanako110」様
 
沖縄県読谷村では村魚をジンベエザメと決め、石嶺傳實村長が村漁業協同組合で発表しました。世界最大の魚ジンベエザメが村魚として制定されるのは沖縄県内で初になり、読谷の水産業振興及び観光漁業のシンボルになります。都屋漁港沖の大型定置網によく紛れ込むことから、年間数匹が捕獲され、生け簀のなかで不定期に入れ替わり飼育されています。又、定置網で捕獲されたジンベエザメは美ら海水族館で展示されたり、メスは繁殖に取り組む水族館へ提供されているそうです。

 
ジンベエザメの生け簀はダイバー達に「ジンベエザメポイント」と呼ばれ、10Mを超えるジンベエザメや子供のジンベエザメ、ジンベエザメ以外にもコバンザメやツバメウオ、タカサゴなどの魚が群れています。ダイビングタイムはジンベエザメにストレスを与えないように25分ほどになります。直接手で触れたり、水中ライトの使用はとてもストレスを与えてしまうので禁止させて頂きます。
 
ジンベエザメ ファンダイビング

和名:ジンベエザメ 英名:ホエールシャーク(Whale shark) 学名:Rhincodon typus
 
ジンベエザメ(甚兵衛鮫、甚平鮫、Rhincodon typus)は、テンジクザメ目ジンベエザメ科に属する唯一のサメ。ジンベイザメとも呼ばれる。サメや軟骨魚類としてのみならず、すべての魚類の中で現生最大の種である。最大全長20メートル。現在、個体記録の信頼に足る最大値は体長約13.7 mである。体にある模様が着物の甚兵衛(じんべえ)・甚平に似ていることから名づけられたとされる。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯の表層海域に広く分布する。
 
Wikipedia:一部抜粋
 
沖縄ジンベエザメ

動きは緩慢であり、基本的には人にとって危険性の低いサメです。ジンベエザメはとてもおとなしい魚で、主に小型の甲殻類などのプランクトンを食べ、人を襲うことはありません。また歯は退化していて、とても小さな歯が口の上下あわせて約8,000本並んでいます。読谷村の生け簀では、餌付けタイムでオキアミやイサザアミ、サクラエビなどを、ジンベエザメの体調にあわせて与えています。
 
Cカードをお持ちであれば、経験が少なくても安心してご参加頂けます。午前はジンベエザメに会い、午後からは人気の青の洞窟でダイビングなどのセットがお得です。又、まだCカードを取得していない方も体験ダイビングでご参加可能です。是非、お一人様からリクエスト下さい。GWや夏休みシーズンは開催できない場合もあります。気軽にお問合せ下さい。
 

沖縄でジンベエザメダイビングのご予約はこちらから

 

200 views
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks