沖縄ダイビングライセンス

PADIスクール 正規登録店

沈没船 松安丸 船体 縦位置

写真素材の無料配布について
当サイトで掲載している写真は無料でご利用頂けます。ホームページやブログで利用したり、商用利用や印刷物もご利用可能です。写真をWEB上で利用する場合は「沖縄ダイビングライセンス・ワールドダイビング」へのリンクが必須になります。詳細は写真素材の無料配布についてをご覧下さい。

沈没船 松安丸 船体

撮影地 北マリアナ諸島 サイパン マニャガハ島

松安丸について

全長=123m 全幅=16,8m 総トン数=5624t

この松安丸は、松岡汽船所属の貨物船で1937年に造られ1941年に海軍に徴用された。
タワラ、ポナペを経て横須賀に帰港する途中、サイパン東方870km沖合いで米潜水艦の雷撃を船尾に受け自力航行不能となり特設砲艦 長運丸に曳航されサイパン港に入港、沈没回避の為、現在の沈船ポイントに座礁。
その後米軍機の攻撃で大破。戦後しばらくは小型舟艇の桟橋(係留場所)として使用、1960年代に水面上のものはスクラップとして回収され、船体は演習の標的になり沈められた。

画像サイズ 横750PX×縦1000PX

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。沖縄でPADIインストラクターを取得。その後、サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会い、水中写真を始める。2011年に沖縄PADIダイビングスクール ワールドダイビングを設立。