沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

テクニカルダイビングとは?

テクニカルダイビングとは?

 
テクニカルダイビングとは、頭上が覆われた洞窟(ケーブ)へのダイビングや沈没船の内部へ進入したり、混合ガスや減圧停止を使い、水深40M以上の大深度潜水のダイビングを楽しむことが可能なレクリエーショナルダイビングの範囲を超えたダイビングスタイルです。日本国内は残念ながら海外と比べるとテクニカルダイビングの発展途上国になります。日本国内では誤解が多く、危険なイメージがあり、レジャー(遊び)の範囲を超えた専門的なイメージがあるのが現状です。
 

しかし、ダイバーなら誰もが、幻想的な光が差し込む洞窟に行ってみたい、沈没船の内部に入ってみたい、いままでよりも、もっと深くへダイビングしてみたいという冒険心を持っていると思います。事実、沖縄や世界各国のメジャーなダイビングスポットには水中洞窟や内部に進入できる沈没船などを楽しむスポットが数多く存在します。又、ダイバーのなかには水深40Mを超えた経験がある方もいると思います。
 

レクリエーショナルダイビングの指導団体はそれらのダイビングを制限しています。トレーニングの内容にも入ってなく、知識も経験もないダイバーが楽しむのはとても危険です。一般的にCカードを取得すると「オープンウォーター」のライセンスになります。この、オープンウォーターの意味は水面が開放された海域ということを指します。インストラクターもオープンウォーターインストラクターになります。
 

正しく伝えたいのは、テクニカルダイビングはレジャー(遊び)の範囲で安全に一般人がダイビングを楽しむことができる最先端の素晴らしいダイビングスタイルということです。
 

テクニカルダイビングは、1950年代より行われていた、水面まで浮上することのできない洞窟(海中鍾乳洞、泉なども含む)や沈船などのオーバーヘッド環境(閉鎖環境)の潜水技術や知識を元にして、1980年代にそれまで研究されてきた混合ガス潜水技術がレジャー(遊び)に進出を実施して、当時のケーブダイバー達により、それまで楽しむことができなかった大深度潜水(水深40mから100m程度まで)を安全に出来るよう体系化されたレジャー(遊び)ダイビングです。
 

その後、同じ1980年代にはIAND(現IANTD、国際ナイトロックステクニカルダイビング協会)、PSA (現PSAI、国際プロフェッショナル潜水協会) などのテクニカルダイビング指導団体が設立され、1990年代にはANDI(米国ナイトロックス潜水協会)、TDI(国際テクニカルダイビング)、IART(国際リブリーザートレーナー協会)が設立されました。
 

日本国内には1997年にTDI(国際テクニカルダイビング)、IANTD(国際ナイトロックステクニカルダイビング協会)、ANDI(米国ナイトロックス潜水協会)の各日本支部が設立されました。
 

テクニカルダイビングの指導団体では、オーバーヘッド環境(閉鎖環境)や減圧(仮想閉鎖環境)のダイビングのために必要なダイビング器材やトレーニングと知識を学ぶことができます。
 

レジャーダイビングやスポーツダイビングと呼ばれる一般人が楽しむことができるダイビングの一つのカテゴリーであり、レクリエーショナルダイビングとは区別されます。現在、テクニカルダイビングは、全てのレジャーダイビングの安全管理の基礎になっていて、数多くのテクニカルダイバーは各レクリェーショナルダイビング指導団体のトレーニング部に所属もしくは顧問をしています。
 

又、テクニカルダイビングの中でも洞窟(ケーブ)ダイビングは、レクリェーショナルダイビングより古くからはじまり、レジャーダイビングの原型となっています。
 

日本国内には、自分が知らないテクニカルダイビングの世界を否定する人、もしくはテクニカルダイバーの中にも、自分の凄さを誇示するために誤解を生じるようなことを話す人もいるのかも知れません。しかし、テクニカルダイビングはダイバーが本来持つ、冒険心や探検心を満たしてくれる最先端の遊びです。もちろん、遊びは安全でなければいけません。

 

興味のある方は是非、当スクールまでお問合せください。
 

 
参考サイト : SDI / TDI / ERDI JAPAN 、ウィキペディア(Wikipedia)
画像引用元 : http://www.sditdierdi.jp/