沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

PADIインストラクター 最短6日間コース

¥214.000- 別途料金 PADI教材、e-ラーニング、IDC登録料、IE受験料、EFRイントラ申請料

owsik

ダイビングインストラクター(OWSI)コース。プロフェッショナルの道、インストラクターのステップ。体験ダイビングや、スクーバダイバー・コースからダイブマスター・コースなど、幅広い範囲に及ぶプログラムを実施することが出来ます。

参加条件 ダイブマスター保持者(他団体OK) 年齢18才以上

インストラクター開発コース(IDC)

 

ダイビングインストラクターになるためには、まずPADIインストラクター開発コース(IDC)を受講します。インストラクターとして活動するために必要となる知識とスキルを学び、同時にインストラクターとしての自覚と責任を身につけるコースです。このインストラクター開発コース(IDC)はPADIコースディレクターの元で開催されます。
 
IDCではインストラクター役と生徒役に分かれて行なうシュミレーションを行い、実際の講習内で起こりうるトラブルなどに対し、その適切な対応方法などを学び、身につけていきます。「講習の現場」においてアシスタントとして多面的、実践的なトレーニングを数多く積んでいきます。
 
ダイビング業界の構造とマーケティングの動向を大局的に把握することから始まり、PADIのコースとプログラム基準の確認、各々の指導要領と運営手順をひとつひとつ詳細に修得していきます。各コースのインストラクションを想定して、知識開発、限定水域実習、海洋実習について、プレゼンテーションを実施します。実際の講習を意識して行い、トラブルなどへの対応も学びます。
 
IDCではインストラクターとして必須条件になるEFR(エマージェンシー・ファースト・レスポンス)インストラクターのコースも受講します。

 

参加条件

 

  • ダイブマスター以上または同等の他団体でリーダーシップレベルに認定されている。
  • 年齢18歳以上
  • 60ダイブのオープンウォーターダイブの経験証明(ディープ、ナイト、ナビゲーションを含む)
  • 認定ダイバーになってから、6ヶ月以上経っていること
  • 過去2年以内にCPRとファーストエイドのトレーニングを受けている。
  • ダイビングに適した健康体であり、過去12ヶ月以内に行なわれた
  • ダイビング健康診断のPADI病歴/診断書を提出する。

インストラクター開発コース(IDC)を修了後、PADI本部主催のインストラクター試験(IE)を受けることが出来ます。IEに合格すると、いよいよインストラクターとして活動することができます。

 
 

コース 別途料金

 

  • PADI教材費 ※お持ちの教材により異なります。
  • PADIへのe-ラーニング費用 $377
  • IDC登録料 ¥24,520
  • IE受験料 ¥91,800
  • EFRイントラ申請料 ¥7,780

 

コース 必須教材

 

  • PADIインストラクターマニュアル
  • PADI’s ガイド・トゥ・ティーチング 紙版 (インストラクター候補生用)
  • 新OWDマニュアル(RDPテーブル付き)
  • eRDP ML
  • 水中用キューカード(C/W用・6枚組)
  • 水中用キューカード(O/W用・5枚組)
  • アドベンチャーインダイビングマニュアル(スレート付き)
  • アドベンチャーインダイビングプログラム・キューカード
  • REDマニュアル(事故管理ワークスレート付き)
  • ポケットマスク
  • REDコースキューカード(11枚組)
  • DMマニュアル
  • エンサイクロペディア
  • ダイビング・ナレッジワークブック
  • DMスレート(4枚組)
  • C/Wレッスン準備スレート 2枚
  • O/Wトレーニングダイブレッスン計画スレート
  • ダイビングエデュケーションログ(プロ)
  • AWAREマニュアル(ダウンロード)
  • PPB SPコースインストラクターアウトライン
  • AWARE‐サンゴの保護SPインストラクターアウトライン
  • プロジェクトAWARE SPプログラム インストラクターアウトライン
  • EFRインストラクターガイド
  • 一次&二次ケア 参加マニュアル

PADIインストラクター試験(IE)参加資格

 

  • ダイバー認定を受けてから6ヶ月経っていて、100ダイブ以上のログの経験があること
  • IDC/OWSIプログラム修了日から、1年以内のインストラクター候補生

 

試験内容
 

  • 筆記試験(5つの理論エグザムとシステム・規準・手続きエグザム)
  • 知識開発プレゼンテーション(処方的な教え方)
  • 限定水域(限定水域プレゼンテーションと5種類のスクーバ・スキル)
  • オープン・ウォーター(プレゼンテーションとレスキュー・デモンストレーション)

ダイビング指導団体PADIの公式ページ

 

 

PADIインストラクターのランク
 

世界中のダイビングサービスで勤務するチャンスがあり、体験ダイビングやファンダイビングを開催したり、ライセンスコースの講習、ライセンスカードの発行もできます。PADIのダイビングサービスは世界中にあり、活躍している日本人インストラクターが多数います。