沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス

PADIアシスタント・インストラクター

ai

アシスタント・インストラクター(AI)コース。プロフェッショナルの道、インストラクターのステップ。プロフェッショナルとして経験を得ることができ、将来ダイビングインストラクターを目指している方に最適のコース。

参加条件 ダイブマスター保持者(他団体OK) 年齢18才以上

PADIインストラクター開発コース(IDC)

 

ダイビングインストラクターになるためには、まずPADIインストラクター開発コース(IDC)を受講します。アシスタント・インストラクターコースは、インストラクター開発コース(IDC)の最初の一部です。インストラクターとして活動するために必要となる知識とスキルを学び、同時にインストラクターとしての自覚と責任を身につけるコースです。
このインストラクター開発コース(IDC)はPADIコースディレクターの元で開催されます。
インストラクター開発コース(IDC)の詳細はPADIインストラクターコースをご覧下さい。

 

コースの内容

 

IDCナレッジリビュー、規準エグザム、IDCカリキュラム・プレゼンテーションの聴講と知識開発プレゼンテーション
ダイブ・スキル評価、限定水域プレゼンテーション
オープン・ウォーター・講習プレゼンテーション、PADIダイブマスター・コースのレスキュー評価

 

参加条件

 

  • ダイブマスター以上または同等の他団体でリーダーシップレベルに認定されている。
  • 年齢18歳以上
  • 60ダイブのオープンウォーターダイブの経験証明(ディープ、ナイト、ナビゲーションを含む)
  • 認定ダイバーになってから、6ヶ月以上経っていること
  • 過去2年以内にCPRとファーストエイドのトレーニングを受けている。
  • ダイビングに適した健康体であり、過去12ヶ月以内に行なわれた
  • ダイビング健康診断のPADI病歴/診断書を提出する。

アシスタント・インストラクターになるとできること

 

インストラクターの元で、ダイバーコースの知識開発部分を実施できる。
インストラクターの元で、オープン・ウォーター・ダイバー・コースのトレーニング・ダイブ中にある水面スキルの評価を実施できる。
ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー・スペシャルティ・ダイバーを認定できる。
プロジェクトAWAREスペシャルティ・コースを認定できる。
ディスカバー・スクーバ・ダイビングのプールまたは限定水域ダイブを実施できる。
エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンス・コースを実施できる。
デジタル・アンダーウォーター・フォトグラファー・インストラクター・コースを修了すればデジタル・アンダーウォーター・フォトグラファーコースを実施できる。

 

ダイビング指導団体PADIの公式ページ

 

PADIインストラクター開発コース(IDC)
PADIインストラクター試験(IE)

 

世界中のダイビングサービスで勤務するチャンスがあり、体験ダイビングやファンダイビングを開催したり、ライセンスコースの講習、ライセンスカードの発行もできます。PADIのダイビングサービスは世界中にあり、活躍している日本人インストラクターが多数います。