沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

PADIレスキューダイバー 最短2日間+事前学習

¥36800(税別) ランチ / ドリンク / 器材 / 送迎 / 保険 / 全て込み
トラブルが発生しても、すぐに対処できる知識をそなえ、未然に防ぐ能力を身につけ、さらに万一の事故の際の救命方法を学びます。PADIダイブマスターへのステップアップにも不可欠なライセンス。ご旅行の場合は3泊4日からご参加可能です。参加条件 PADIアドバンス保持者(他団体OK) EFR修了者 年齢12才以上 
 
※別途料金 PADI教材セット、申請料 ¥12000(税別)

 

レスキューダイバーコース 2日コースのご予約はこちらから

 
ライセンスコース 9つの特典

 

  • 完全少人数制プライベートスタイルで1人1人のお客様に安全に親切、丁寧にご案内致します。
  • 持ち物は水着とバスタオルのみ。ランチ代、ドリンク代、器材など全て込みの価格です。
    ライセンス申請時に証明写真が2枚必要です。
  • 沖縄本島中部全域を無料で送迎します。※一部地域有料:お1人様1日1000円(税別)
    恩納村、うるま市、読谷村、嘉手納町、沖縄市、北谷、北中城村、名護市など 
  • 講習中の水中写真を無料でプレゼント!!(CD-R・約20枚)
  • 台風や海況悪化の中断は1年以内であれば無料で講習を受けることができます。
  • 次回からCカード提示でファンダイビング10%OFF、器材レンタル半額になります。
  • お1人様1000円(ボートの場合は乗船料5000円)の追加で青の洞窟でダイビングライセンスの取得が可能。
  • 当スクールでライセンスを取得したお客様限定でダイビング器材の格安販売をしています。
  • PADI正規登録店・5つ星(5スター)ダイビングスクールの認定により、ゴールドCカードが発行されます。

コースの内容

 

ステップ1 事前学習

_DSC25458 お申し込み後、事前学習のため教材を発送します。自分のペースで空いた時間にじっくり学習することができます。事前学習では、各セクションのナレッジリビュー(練習問題)を記入していきます。わからない箇所は当スクールで復習しましょう。
 
事前学習は参加日より2週間ほど前からのお申し込みがおすすめです。参加日まで期間が短い方も気軽ご相談ください。

ステップ2 海洋実習

レスキュー講習① 大自然を相手に遊ぶダイビングでは、ときとして予想外のアクシンデン トに遭遇する場合もあります。ほんのささいなことがきっかけで大きなトラブルにつながるケースが多いのです。たとえば、水面で水を飲んで慌ててしまったり、エントリー時や水中移動時にスクーバ器材をひっかけて身動きがとれなくなってしまったり。。。落ち着いて対処すればすぐに解消できる小さなトラブルが原因となって、一瞬にしてストレスから不安、パニックへと拡大していってしまいます。
レスキュー講習③ こうしたトラブルが発生してもすぐに対処できる知識を備えるとともに、 トラブルを未然に防ぐ能力を身につけ、さらに万が一の事故の際の救命方法までを学ぶのが、レスキュー・ダイバー・コースです。
 
実際の講習では、疲労したダイバーや負傷したダイバーの救助方法、水面アシストの方法、陸上での搬送方法、応急処置、救急の場合の速やかな通報の仕方、水中捜索方法など、現実に役立つ知識をトータルに学びます。

ステップ3 学科講習・筆記試験

学科講習では事前学習の各セクションのナレッジリビュー(練習問題)をインストラクターと答え合わせします。わからない箇所を復習してから筆記試験(選択問題で50問)を進めて行きます。試験に落ちてしまっても、インストラクターがサポートするのでご安心ください。
 
コースを受講することにより、安全意識、他のダイバーを気遣う意識が高まるのはもちろん、ダイバーとして大きな自信をつけることができるでしょう。すべてのダイバーに受講していただきたいコースです。

 

コースで身につけるスキル(技術)

 

  • 緊急時の応急処置ができます。
  • トラブルを未然に防ぐ能力が身につきます。
  • 自分自身の安全性が高まります。
  • 他のダイバーを気遣う意識が高まります。
  • 負傷したダイバーの救助や、事故時の救命方法が身につきます。
  • 水中捜索方法がマスターできます。

 
次はいよいよプロダイバーの道です。PADIダイブマスターコースへのステップアップが可能です。

  • 開催時間は朝9時から夕方17時ごろまでになります。ボートでの講習の場合は朝8時からになります。
  • 飛行機搭乗まで約18時間の待機時間が必要なため、最短で3泊4日の旅行日程が必要になります。
  • EFRもご希望の場合は到着日が午前中であれば、最短で3泊4日の旅行日程で取得可能です。

 

レスキューダイバーコース 2日コースのご予約はこちらから

 
 

ダイビング Q&A・よくあるご質問


PADIレスキューダイバー
 

Q レスキューダイバーには学科のテストがありますか?

  • はい、筆記試験がございます。インストラクターと学科を進めていくのでご安心ください。

Q レスキューダイバー+EFR(エマージェンシー)の料金は合計でいくらですか?(申請料、教材料など全部)

  • レスキュー料金36800円(別途:教材費・申請料12000円)+EFR料金22000円=70800円になります。スクール近郊送迎、教材費、申請料、ランチ、ドリンク、ダイビングレンタル器材、保険などすべて込みの料金です。

Q レスキューダイバーのコースは何回のダイビングがあります?

  • レスキューダイバーでは5回に分けてトレーニングを実施します。水中だけではなく、水面のトレーニングも多いため、実際のダイビング本数に決まりは設けておりません。

Q レスキューダイバーの参加条件のEFR(エマージェンシー)を取得した場合もライセンスカードが発行されますか?

  • EFR(エマージェンシー)のコースもトレーニングを受けた証明としてライセンスカードが発行されます。

Q レスキューダイバー+EFR(エマージェンシー)は全部で3日かかりますか?終了予定時刻は何時ごろですか?

  • 最短2、5日で取得可能です。EFR(エマージェンシー)は4時間~5時間の座学のみで取得可能なので到着日が午前中であれば、最短で3泊4日の旅行日程になります。お時間に余裕がある場合は4泊5日がおすすめです。レスキューダイバーは朝9時から始まり、終了予定は16時頃になります。

 
上記のご質問のほかには、ダイビング Q&A・よくあるご質問もご覧ください。