沖縄ダイビングライセンス

沖縄ダイビングライセンス取得

aIMG_3719ゴールデンウィークも終わり、これからは夏場のハイシーズンまでのんびり潜れる時期です。今シーズンもファンダイバーさん向けにご案内できるダイビングスポットを開拓していきたいですね。

 

ゴールデンウィーク期間中も潜ってきたポイントで、瀬底島のラビリンスというスポットがあります。当スクールのリピーターさんや常連さんに「どこのスポットが今まででおもしろかったですか?」と聞くと、多くの方がここのラビリンスが印象深かったと答えます。ラビリンスへは恩納村から約1時間北上、本部町の港から瀬底島のラビリンスへ移動します。

 

ラビリンスは名前の通り迷宮のようなスポットです。リーフのドロップオフにクレパスのように隙間があり、そこから水中トンネルが続いています。水深は約10メートルから15メートルほどなのでライセンスを持っていれば難しいポイントではありません。水中トンネルのなかは幻想的な光が差し込み、午後の太陽が高くなる時間帯にちょうどスポットライトのようにトンネル内が照らされます。

 

午前中に水納島で2ダイブ、午後から瀬底島へ渡り、ラビリンスがおすすめの組み合わせです。是非リクエストお待ちしております。沖縄北部ダイビングもご覧ください。

 

投稿者のプロフィール

空 良太郎
北海道小樽市生まれ。サイパンのMOCダイブセンター、タイのサムイダイビングサービスで勤務。世界的な水中写真家達と出会う。2011年に沖縄ダイビングスクール ワールドダイビングを設立。水中写真はフォトグラファーの矢内大介氏、水中カメラマンの増子均氏が師匠。現在まで数多くのTV番組や書籍、図鑑、企業などに写真を提供する。テクニカルダイビングはIANTD近藤正義氏が師匠。IART(国際テクニカル協会)のインストラクターでもあり、サイドマウントの普及に取り組んでいる。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks